java未経験のベテラン技術者の対処方法

情報技術の分野では、流行がめまぐるしく移り変わる傾向が強い。ソフトウェア開発で必要なプログラム言語についても、主流となる言語が時代により移り変わる。そのため、これまで積み重ねてきたキャリアが、直接活かされないこともある。

こうしたことから、時代に合った新しいプログラム言語の習得も、行っておいたほうが良い。ただし、他のプログラム言語で実践的な経験が豊富であっても、javaが未経験であれば直接使いこなせるとは限らない。

まずは、プログラム言語それぞれに特有の書式について、確認を要する。プログラムの表現方法は、それぞれに異なる。厄介であるのは、似たような表記で異なる意味を持つ表現である。その場合には、これまでになれた書式で記述してしまい、エラーを引き起こしたり、あるいは潜在的なバグを内在させる可能性がある。

そのため、プログラム未経験から始めて修得するよりも、かえってプログラムのベテランのほうが厄介な部分もある。この場合には、javaの書式の使用について、明確に意識しながら経験を積み重ねることが重要である。そうした訓練を積んでおけば、書式を混在させて問題を引き起こすリスクが減らせる。

さらに、過去のプログラミング経験を応用して、javaプログラミングに対してすぐに順応することができる。各プログラム言語の根本的な思想については、共通する部分も多いため、他のプログラム言語の知識や経験が役立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です